ラクトフェリンは下痢になるの

下痢になっても腸内環境は整うの?

ラクトフェリンを摂取していると下痢をしてしまうという人がいます。

 

ラクトフェリンには乳糖が含まれていますので、初めでラクトフェリンを飲んだという人の場合には一時的に下痢をしてしまうような場合があります。

 

しかしラクトフェリンは体内の免疫力を高めてくれるという働きがありますので、継続して摂取していくうちにしっかりと腸内の働きが正常に戻り下痢をしてしまうということがなくなっていくと思います。

 

ラクトフェリンを摂取するまでの間に腸内環境が悪くなっている場合には腸内に悪玉菌が沢山蓄積されているために、便秘がちだと思いますが、ラクトフェリンというのは腸内の悪玉菌を減少させて腸内環境を整えますから、悪玉菌が体外に出て行く際に一時的に下痢をするということも考えられています。
下痢をしてしまうからといって、ラクトフェリンが悪いというわけではありません。

 

むしろラクトフェリンを摂取して下痢をしてしまうというのは、良い効果だと思いますので継続してそのままラクトフェリンを摂取してみてください。

 

しっかりとラクトフェリンの働きによって、腸内環境が整っていけば、次第に下痢をしてしまうことも減りますし、免疫力が高くなり、健康になっていくということが自分でもわかると思います。
ラクトフェリンは内臓脂肪も減らしてくれる働きも持っているので、ダイエットにも上手に繋げていくことができるのではないかと思います。

 

免疫力が低下した体は様々な病気になりやすいし、ダイエットなどをするとすぐに体調を崩してしまいがちですが、ラクトフェリンが腸内環境整えることで、そうした悪い症状も軽減させることが可能になっていきます。