ラクトフェリン便秘腸内環境

ラクトフェリンで腸内環境改善して便秘を治したい

ラクトフェリンは、免疫力を高める効果だけでなく、抗菌作用もあり、腸内環境を改善してくれる効果があります。

 

ラクトフェリンは、消化作用がある胆汁酸と結合します。
このラクトフェリンと胆汁酸が結合した成分が、ビフィズス菌や乳酸菌といった善玉菌の繁殖を促進します。
逆に、大腸菌といった悪玉菌の繁殖は抑制してくれるのです。

 

そのため、腸内環境が改善されるのです。

 

しかし、ラクトフェリンは、熱や酸に弱く、酸素で分解されやすい性質であるため、ラクトフェリンを摂取しても腸に届く前に分解されてしまうことがあります。
ラクトフェリンを摂取したのに、腸に届く前に分解されてしまうのでは、意味がありませんよね。

 

そのため、腸に届くまでラクトフェリンが分解されないためには、腸溶加工してあるラクトフェリンを選択し、摂取すると良いでしょう。

 

また、ラクトフェリンには、腸内環境を改善する作用があるのですが、とても強いのです。

 

胃腸の弱い方が摂取すると、お腹がゆるくなってしまい、下痢を起こしてしまうことがあるので、注意が必要です。
それだけに便秘改善に効果があるといわれているのです。

 

腸内環境を改善したい方には、ラクトフェリンがオススメです。